更年期の症状と対策

MENU

更年期障害のアレコレ

更年期障害の原因

更年期を迎える40代から50代になると卵巣の機能が衰え、卵巣から分泌されていた女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ります。
エストロゲンの分泌量が減ることで、脳はバランスを保つために卵胞刺激ホルモンを分泌し卵巣からエストロゲンを分泌させようとします。

 

しかし、機能の衰えた卵巣では、必要な量のエストロゲンの分泌ができないため、エストロゲンが減少し、卵胞刺激ホルモンが増加するホルモンバランスの乱れが起こります。

 

更年期障害の原因は、ホルモンバランスの乱れだけではありません。

更年期の時期は子供の独立や親の介護、夫の定年など生活のリズムが変わったりする時期でもあり生活リズムの変化による精神的ストレスなどによっても発症します。
若い頃に無理なダイエットや不規則な食事・生活を送った人ほどなりやすいとも言われています。

 

更年期障害の症状


更年期障害の症状は、身体のほてりや大量の汗、動悸、むくみ、肩こり、イライラ、うつ、睡眠障害、意欲低下、食欲不振など全身的な症状から精神的、消化器系まで様々な症状がでます。

 

また、閉経することで女性ホルモンが低下するため、徐々に高血圧がみられるようになります。
他にも肥満や高血糖、高脂血症などの危険因子が加わることで動脈硬化が進みます。
個人差があるため気にならない程度にしか出ない場合もありますが、日常生活に支障が出るほど症状が重たい人もいます。

 

更年期障害の対策

更年期の症状は人によって異なるため、それぞれに応じた治療法を行うことになります。
よく使われる方法は、ホルモン補充療法です。

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法とは卵巣の機能低下により足りなくなったホルモンを補うことで、改善させる方法です。
ホルモン補充療法には、飲み薬や塗薬、貼り薬などがあるため、自分にあったものを選ぶことができます。

 

ただし、乳がんや子宮体がんにかかっている人、薬でアレルギー症状が出た人などは、ホルモン補充療法を選べない場合があります。
ホルモン補充療法が適していない場合には、漢方薬を使うことあります。漢方薬は、副作用が少ないため、長期間服用することが可能です。

食事の見直し

薬以外での対策として、食事の見直しがあります。
大豆に含まれるイソフラボンを摂取することで、不足したエストロゲンの働きを補ってくれます。
1日あたり40mgから50mgの摂取が理想的とされています。
大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳、油揚げなど大豆を使った大豆製品に含まれているため、上手に献立に組み込むことです。

 

食事での見直しが難しい場合は、更年期におすすめの成分が配合された更年期サプリがおすすめです。

更新履歴